2021-10-26 15:21:00

Posted by 原田銀次
Ginji Harada

どうも銀次です!

 

さてさて今日はビジネスでよく使われるカタカナ語についての話をしていこうと思います!

 

 

3個今から言うので皆さんはいくつわかるか試してみてくださいね!!

九州/就職/就活/採用/文系/新卒/福岡/自己分析/23卒/24卒/25卒/学生団体/人気/おすすめ/選考/面接/自己PR/志望動機/地元/地方/地方創生/インターン/就活メイク/求人/就職/仕事/転勤なし

①エビデンス

例文

『エビデンス残してる???』

 

 

②ペンディング

例文

『今後の飲み会の日程一旦ペンディングで』

 

 

③ASAP

例文

『これASAPで対応して』

 

さて、いくつわかりましたか??

 

①エビデンス=証拠

議事録や録音などを残すことを言われます。

 

②ペンディング=保留、未決定

予定が被った際などに使われることが多く、バッティングやリスケなどと一緒に使われたりします

 

③ASAP=急ぎで

As soon as possible の略になります。

できる限り早くですね、意外に使うんですよ、、、笑

 

 

皆さんいかがでしたか??

これが分かればベンチャーでやっていけます!

わからなくてもやっていけますが笑

Posted by Ginji Harada
原田銀次

本ナビサイトは
九州の地元就職を考える学生を応援したいという想いのもと
九州の学生が中心となって運営しています
  
無料での掲載が可能となっておりますので
是非お気軽にお問い合わせください

▶お問い合わせはこちら

Copyrights ©️ All Rights Reserved by Stay-Kyushu